プロフィール

デ ニロ

Author:デ ニロ
性別:男 ついに51歳 
阪神ファン
9歳(長男)7歳(長女)の父
アル中の為 体を壊し 
食べ物 飲酒制限のなかで 何か書くことがあれば書いてみたいな。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あっ!そっかぁ~!!そうなんだぁ~
カメラを持ったことがない。写真を撮ったことがない。PC使う様はカマキリ?バルタン星人?そんな中年おやじのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酸辣湯② / 青冥 堂島店 / 大阪市北区堂島浜
先日 夕食のとき 息子があまりに 食べ物をこぼすので

「お前 もうちょっと きれいに 喰えや。」ってゆうと

「ワイルドだろ~~」と息子

おもしろかったから 褒めてやろうと 息子をみると

どや顔してやがる。

殴ってやったぜぇ・・・


『ワイルドだろ~~』



俺は 食い物に関しては かなり ひつこいほうかもしれない。

歳をとると よけいに ひつこくなってるかも・・・

思い出すと食べるまで 気が済まないのだ。

ちゃんとした酸辣湯が 食べたい。

この時以来だ。

どーしても 食べたい。

結局やってきたのが ここ。


新地の『 青冥 』

m9


ゲーッ 俺写ってるやん。

注文は もちろん 酸辣湯麺


m10


10分ほど 待ったかな~

運ばれてきたのが これ!!!


m8


なっ!!なっ!!なにー???これ????

もいちど メニューを見た。


m7


こんなん 見てなかったしー!!

俺 激辛ってゆったけー???

んーー 確かに 辛さはと聞かれた。

激辛あるとか 知らんから 辛めでって 適当に返事したのは 覚えてる。

まさか 激辛になってるとは・・・・トホホ・・・

仕方ない 食べてみよう。


まず スープ。

あっ そんな 辛ないわ。

そう これこれ とろみがあって 酸味があって とじ玉子が入ってる。

変わってるよなー。 酸辣湯って 酸っぱいスープって誰が考えたんやろ??



m6


具材には 筍 椎茸 葱 もやし パプリカ などが入っている。

うん 頭で想像していた 味だ。


m3


麺は 細いストレート麺

メッチャ美味しい麺ではないが このぐらいの美味しさが ちょうどいい。

麺がメッチャ美味しい 酸辣湯って なんか想像できない。

これくらいが ちょうどいい。


うん 美味しかった。

あーー!満足だ!!

これで 酸辣湯から解放される。


次は何に取りつかれるのかなぁ~~

たぶん蕎麦・・・・


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
酸辣湯 / 楽天食堂 / 大阪市西区阿波座
阪神タイガース エース能見の好投で 3連勝

イライラなく禁酒できた。

俺の禁酒生活も 1日の外食を除いて 1週間

家族にある変化が 現われ出した。


家に帰ると妻が

「今日も 飲まへんの?」

「うん。」

「ふ~~~ん。」

「・・・・・・・・」


息子と 娘が

「パパ 今日も飲まへんの?」

「うん。」

「ふ~~ん。」

「・・・・・・・」

「パパ いつになったら お酒飲むの?」

「なんで???」

「だって 僕 パパにお願いいっぱい たまってんねん。」

「なんやねん??」

「ええわ。 またパパお酒飲んだときゆーわ。」

オイオイ 息子 お前は しらふの俺には 頼みごとはできないと・・・



妻を見る 妻 眼をそらす。



どうも 俺の家族は 酔ってない俺とは 話がしにくいみたいだ。

しらふだと 交渉事がうまくいきにくいことも わかってるみたいだ。



君たち パパの体がどうなってもいいのかい???



あいかわらず 前が長いでしょ。


そう 酸辣湯。

なぜだか 急に酸辣湯が食べたくなった。

なんか ないかな~

まあ 青冥にでも行けば まあ思ってる 酸辣湯が食べれるだろう。

食べログで 酸辣湯 ・・・知った店ばかり。

ある雑誌に載ってた。


新阿波座公園(知らんかぁ~)の近く  『 楽天食堂 』

m10

m9

中に入ると アジア風な喫茶店のような雰囲気。

なんてゆーんだろう。外観 内装 店名

オーナーさんは こんなんが好きなんだろうなー

が伝わる雰囲気だ。(わからんかぁ・・)


m6

メニューは こんな感じ

もちろん 注文は 酸辣湯

待つこと10分 運ばれてきた。

m3

酸辣湯????

酸辣湯????

Wikipediaでは
酸辣湯(サンラータン)は、酢の酸味とトウガラシや胡椒の辛味と香味を利かせた、酸味豊かな辛みのあるスープ。鶏肉、豆腐、シイタケ、キクラゲ、タケノコ、長ネギ、トマトなどの具材を使ったスープを、食塩、醤油、ショウガ汁で調味し、たっぷりの酢とトウガラシあるいはコショウを加える。片栗粉でとろみをつけた後、溶き卵を流し込んで仕上げる。茹でた麺を加えて(酸辣湯麺として)食べることもある。


m2

とろみなし 具は鶏 ひき肉 葱

酸はある 辣は自家製とある。


m1

麺は自家製 たまご麺らしい。

ブチブチ コシコシそれなりに美味しい。

550円と値段は安いが 量はメチャ少ない。


酸辣湯???

期待していたものとは だいぶ違ったけど

けっして 不味くはない。

スープもまあ だ。

まあ この店で 中華の酸辣湯を 期待しても無理かぁ~


この酸辣湯の味をたとえるならね

カップはるさめの 酸辣湯味 そのもの。


廻りをみれば お客さんも お店にマッチした感じの方ばかり

ミスマッチは俺かぁ・・・・


でもメニューの魚露水餃気になるな―(ニョクマム好き)

うーん 再訪 悩むところだな。



人気ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。